自毛植毛の手術をして髪を取り戻す【艷やかなHAIRスタイル】

医者

ふさふさの髪になる

皮膚科を受診し、専門医の診断を受けることで自身の頭皮の状態を知り、発毛の可能性を高めることができるはずです。インターネットから発毛に重点を置いた皮膚科を探し、さらに実際に受診された人の口コミ、感想を収集すれば、より良い皮膚科を見つけることができはずです。

詳しくはコチラ

早期に治療に専念

今現在、薄毛で悩んでいる人は、悩んでいるだけではなんの解決にも繋がってこないので、いろんな情報を確認した上で、納得のいく施設でAGA治療を行って行くと良いです。早く治療を開始すると、その結果も変わってきます。

詳しくはコチラ

欠かせないメンテナンス

人工的に作られた毛髪を植毛するサービスは、数年置きのメンテナンスが不可欠です。その欠点をフォローするために開発されたサービスは自毛植毛と呼ばれています。ただし自毛植毛のサービスは、高額である事が難点です。

詳しくはコチラ

薄毛が治る手術

自毛植毛手術後の注意点

せっかく自毛植毛の手術をしても、植毛した毛根が定着しないと意味がなくなります。自毛植毛で納得のいく結果を得るためには、手術後の過ごし方が重要になってきます。 自毛植毛の手術をした翌日からシャンプーができますが、移植をした患部はシャワーで水洗いする程度にとどめて、それ以外の部分は頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーで洗うようにします。洗い流したあとはタオルで優しくふき取り、ドライヤーは患部に直接当てないようにします。普通にシャンプーができるようになるのは手術二週間後からです。 日常生活では手術後一週間は煙草やアルコールを控えて過ごし、頭を動かすような激しいスポーツは手術後一か月くらい控えるのが無難です。

皮膚科医お勧めの治療

自毛植毛は薄毛治療に有効な手術です。男性型脱毛症の治療におすすめの手術として多くの皮膚科医が勧めています。 髪の毛を増やすには、かつら、増毛、人工毛植毛、自毛植毛があります。かつらは手っ取り早いですが不自然になりやすく、増毛はせっかく生えている髪の毛の負担になります。人工毛植毛はナイロンなどの人工物質を頭皮に移植するので拒絶反応が出るリスクがあり、定期的なメンテナンスが必要です。 これらすべての欠点をカバーしているのが自毛植毛です。自毛植毛は人工の毛ではなく、自分の毛髪(グラフト)を植え込むので拒絶反応がなく、自然に髪の毛が増えます。手術をしてしまえばずっと髪の毛がフサフサのままで、カラーリングもパーマも自由にできます。